活動報告

2011/09/18 更新梅田章二さん知事選に出馬表明

この記事は、約2分で読めます。
「大阪都」ではなく梅田章二さんと一緒に「安全・安心 やさしさの大阪へ」
9月13日梅田章二さんが「明るい会」から知事選に出馬を表明

9月13日、弁護士の梅田章二さんが、三度知事選への出馬を決意表明。出馬にあたっての決意を述べました。

わたしの決意

前回2度の知事選挙でお世話になりましたが、再度、明るい会から要請があり、熟慮の末、決意するに至りました。その直接の引き金になったのは、4月後半から5月にかけて、日弁連が主催した宮城県の被災地避難所での法律相談活動に参加したことです。その経験は本当にショックでした。帰ってからもしばらくの間は落ち込んでしまいました。生半可のことではアカン、ホンマに根本的に考え直さなアカンのでは・・と。福島にも行きました。福島市から飯館村を通過して南相馬に入りました。放射能の線量計の数値がどんどんと上がっていきます。原発とは絶対に共存できない。原発は私たちの未来を奪うものだと痛感しました。

震災を経て、「世の中変わらない」という考え方は、いま、根底から変わり始めていると思います。そのような時に、大阪では、「維新の会」から「教育基本条例案」と「職員基本条例案」が出されました。あのようなひどいものが出てくるとは、まったく信じられないものでした。教育や憲法を否定する条例案を許すわけにはいきません。

 このような時代に生きていて、自分にできることを最大限やってみようという思いで決意に至りました。ご一緒に、安全・安心・やさしさの大阪に変えましょう。

 

活動報告|19:27

twitter

↑ページの先頭へ