活動報告

2013/01/22 更新桜宮高校体育科入試中止しないでと府民が集会

この記事は、約1分で読めます。
弁護士有志の呼びかけに

市役所前には300人が

1月21日、橋下市長の要請で、大阪市教育委員会が、桜宮高校入試中止を検討する会議を開催。同日3時から弁護士有志が、「入試実施」を求めて市役所前での集会を呼びかけ。緊急にもかかわらず300人が参加し、中学3年生で「野球部に入りたい」と同校の受験を希望する生徒の声が紹介され、在校生の保護者は「大人のしたことで子どもの人権を奪わないで」と訴え。卒業生も「一番苦しんでいるのは在校生」と訴えました。集会の呼びかけ人である伊賀興一弁護士(写真)は「議会が決めた予算を市長が勝手に変えていいのか。市長のやっていることは権力の横暴だ」と挨拶しました。

活動報告|12:49

twitter

↑ページの先頭へ