活動報告

2011/11/6 更新わたし考一さんの出馬中止で梅田章二さんがコメント

教育基本条例反対  わたし考一氏の市長選立候補中止の決断にさいして
                                          2011年11月5日 梅田章二

 ○ わたし考一氏は本日、橋下氏と「維新の会」によるファッショ独裁政治  を何としてもくいとめる立場から、みずからの市長選立候補を中止し、市長選では平松氏に独自の立場から支援するとともに、知事選では梅田勝利へ、あらゆる努力をつくす決意をのべられました。これまで、わたし氏と二人三脚の活動をすすめてきた者として、この歴史的で、勇気ある決断を重く受け止めます。

 ○ わたし氏が強く語られているとおり、今度の知事選挙・市長選挙での最大の焦点は、橋下氏と「維新の会」によるファッショ独裁政治を打ち破ることにあります。2度にわたる府議会否決にかかわらず旧WTCビルへの府庁移転をゴリ押ししてきたこと、「大阪都」をつくり「1人の指揮官」で巨大開発やりたい放題の体制をきずこうとしていること、そして「教育基本条例案」「府職員基本条例案」で教育と行政に「強制」「独裁」をもちこもうとしていること――このような姿、「維新の会」のたくらみに、府民ぐるみで「断じてノー」の声をつきつけなければなりません。
 知事選では、3人目の候補として名乗りを上げた池田市長が、橋下府政を「75点」「優良可の良の上」と評価し、「改革路線は継承する」と方針をのべており、「維新の会」と対決する意思や構えはみえません。独裁府政を許さない道が梅田勝利以外にないことは鮮明です。

 ○ わたし考一氏の決断を必ず勝利に結びつけるため、「明るい民主大阪府政をつくる会」「大阪市をよくする会」のみなさんとともに、これまでに倍する奮闘をやりぬいて、大阪市内からも、衛星都市からも、「橋下氏と維新の会による独裁政治ノー」の審判を下す、歴史的で、巨大なうねりをつくりだす決意です。
                                                                            以上

活動報告|17:32

2011/11/1 更新梅田章二が汚染瓦礫について見解

片付かない瓦礫

片付かない瓦礫

橋下前知事が「放射能汚染瓦礫」の受け入れを表明したが私は反対する。

放射能汚染物質の除染については、

①国が責任を負うべきものであり、地方自治体まかせにすることは許されない。

――仮置き場の確保、国直轄の仮設焼却施設の設置、福島原発敷地内や原発周辺での国の保管、管理場の確保など。

②その検討にあたっては、汚染状況の情報を開示し、安全性を確保したもとで、関係自治体や住民との十分な協議と合意が必要。

③これに必要な財源は、汚染者負担の原則。東京電力と国がすべて責任をもち、負担すべき。

活動報告|11:22

2011/10/24 更新大阪府のムダづかいの一つりんくうタウンへ

大阪府のムダづかいがここでもはっきり

土曜日は賑わっているが

22日、梅田さんは、大阪府が総額3000億円も投資して破綻した、「りんくうタウン」を視察。以下は梅田さんのツイッターから。

「りんくうゲートタワービルにガンの先進医療施設をつくり海外の金持ちにきてもらって金を稼ぐという成長戦略。なんやそれ。千里救命救急センターの補助金3億5000万円カット、2つの救命救急センターを市に移管。府民の命をほったらかして、外国人金持ちの医療で儲けますのか。儲かるかいな。 りんくうタウン、土曜日はアウトレットで大賑わい。おお、あの空地ばかりのりんくうタウンが賑やかになってよかったね。しかし、全然コスト計算あわへんわ。何千億円つぎ込んでますねん。ゲートタワービルの飲食店は閉まってましたね。夕方から始めるそうな。なんかさびしいね。土曜日やで。」

 

活動報告|17:53

2011/10/22 更新梅田さんが福井原発の危険性指摘

橋下知事は下を向くが
福井原発で事故が起これば

 10月15日、大阪国際会議場で、「明るい会」「よくする会」と「大阪維新の会」(橋下代表・松井幹事長)による初の「公開政策討論会」が開かれました。
 翌日の各紙でも、「知事選・市長選 ダブル舌戦」「応酬」と大きくとりあげられました。
 公開討論冒頭の「5分間スピーチ」では、パワーポイントをつかって、梅田さん、わたし考一さん(よくする会)がそれぞれの「ビジョン」について、震災問題、原発ゼロ・自然エネルギー転換、くらしと福祉、大阪経済の転換の方向などを、写真や図表もつかってスピーチしました。これに対し、橋下氏と松井氏(「大阪維新の会」幹事長)は2人とも同じ資料で、「大阪都」の「制度解説」に終始しました。
 討論で、梅田章二さんは橋下代表に、「旧WTCビルへの府庁移転失敗の責任を感じないのか?」「教育基本条例案でしめつけ、子どもがかわいそうと思わないのか?」と迫り、わたしさんは「なぜ国保引き下げをいわないのか」と質問しました。これにたいして橋下氏は、「WTCは大阪市民の負債を府民全体で援助した」などといいわけしました。また松井氏は、「教育基本条例案」について「大阪の子どもたちが、タイやベトナムの子どもたちと競争して勝てなければ、その方がかわいそう」などと語りました。
 橋下氏は、「梅田さんらのマニフェストは実現可能性ゼロ!」などといいながら、梅田ビジョンの大阪経済政策をパワーポイントで紹介すると、「私も、こんなの全部やってますよ!」などと語る一幕もありました。

活動報告|14:58

2011/10/22 更新梅田ビジョン発表の記者会見

大阪知事選挙に向けて梅田ビジョン発表

梅田ビジョン発表の記者会見

10月20日、梅田章二さんは、知事選挙にむけて梅田ビジョンを発表しました。震災や原発事故への不安から府民の生命を守る大阪へ、苦しい府民の生活を応援する大阪へ、教育基本条例案など子どもを犠牲にする大阪ではなく、多様な声が息づく大阪へ向けて、5つの改革ビジョンを提案しています。ビジョンんの中身は「発行物」をクリックすれば読むことができます。」

 

活動報告|14:05

twitter

↑ページの先頭へ