活動報告

2020/10/14

住民投票 日刊ビラ第1号発行

「大阪市をよくする会」の日刊ビラの発行が13日から始まりました。第1は、中之島の大阪市中央公会堂の写真をあしらい「問われているのは、130年の歴史ある大阪市を『廃止する』のか『活かす』のかです」と訴え。裏面で「ごいっしょに考えましょう」と、“二重行政のムダ”が「都構想」でなくなるのかについて語っています。連載「大阪市今昔物語」も掲載しています。

活動報告|17:37

2020/10/3

住民投票まるわかりパンフを発行しました。

明るい民主大阪府政をつくる会と大阪市をよくする会は、「住民投票まるわかりパンフ」を発行しました。「発行物のご案内・ダウンロードのページ(その他)」からダウンロードできます。

まるわかりパンフPDF

活動報告|17:50

2020/09/10

機関紙858号、プラスター、ポテッカーをつくりました。

「明るい会」は、機関紙858号、プラスター4種類、ポテッカー2枚をつくりました。データを「発行物のご案内 ダウンロード」のページで紹介しています。ご活用ください。

活動報告|20:03

2020/09/4

コロナ禍のなか市議会での議決強行に抗議、「都構想」ノーで宣伝

「明るい会」「よくする会」は4日朝、市役所近くの淀屋橋で約50人が、通勤途中の人たちにビラを配布、プラスターを掲げて「住民投票でなく新型コロナ対策を」「大阪市をなくす都構想ノー」など訴えました。

前日の3日には、大阪市議会が「大阪市廃止=都構想」の制度案(協定書)を維新、公明の多数で議決(府議会は8月28日議決)を強行。宣伝行動では、小雨が降る中、渡辺征二大阪府保険医協会事務局長、三島志賀子大阪母親大会連絡会事務局長、有田洋明大阪自治労連委員長、浅野純一大阪商工団体連合会副委員長、山中智子日本共産党大阪市議団長らが、次々とマイクを握り、住民投票強行姿勢に抗議するとともに、住民サービス低下など「都構想」の問題点を指摘、政令市の役割と権限を市民のために使って大阪の発展を訴えました。

活動報告|14:57

2020/08/21

大阪府市臨時議会に署名提出

 


1万8008人、293団体の署名を府議会議長に提出

新型コロナウイルスによる再度の感染拡大が続き、東京を上回って重症患者が増えるなか、大阪市廃止=「都構想」のための住民投票の11月1日実施を見込んだ大阪府、大阪市の臨時議会が8月18日開会しました。

府民要求連絡会は同日朝、府庁南側で約70人が参加して「協定書議決でなく、コロナ対策を優先せよ」と訴えました。

宣伝のあと、各団体の代表らが議長応接室で、議長宛の新型コロナウイルス感染症対策を優先し、大阪市を廃止し特別区を設置する制度案(協定書案)を議決しないよう求める要請署名を新婦人が集めた1万4515人分をはじめ、1万8008人分と293団体分を提出しました。

また、吉村洋文知事あてに新型コロナウイルス感染症対策を優先し、住民投票は中止を求める要請署名280団体分を提出しました。

市対連と大阪市役所前昼休み宣伝

大阪市会の臨時議会も同日開会。大阪市対策連絡会の市役所前昼休み宣伝に府民連も合流しました。宣伝には約200人が参加。日本共産党の井上浩議員もあいさつにかけつけました。

市議会議長あての「協定書の採決を止めよ」の陳情署名2万6279人分を「大阪市をよくする会」が12日に提出しています。

活動報告|13:48

twitter